• 株式会社荏原製作所
  • リクナビ
  • 社員のVOICE
  • 個人情報保護方針

企業理念

荏原風力機械は、販売・設計および製造を一貫して行っている日本最大の一般産業用送風機メーカーです。
製鉄、セメント、電力、製紙、石油化学などあらゆる一般産業用送風機を製作し、効率のよい生産システムが生み出す高信頼性と低価格の製品で、豊かな未来づくりに貢献しています。
また、ごみ焼却設備用送風機や大型換気用送風機等の環境関連機器の開発にいち早く着手しています。
そして、一般産業用の分野でも送風機自体の高効率化や省エネ改造を通じ、環境負荷の低減をめざしています。

沿革

1949年(昭和24) 3月 関西工機株式会社として資本金200万円で四日市市に設立。(主として鉄道車両部品を製造)
1962年(昭和37) 7月 事業拡大のため鈴鹿市(現在地)へ本社・工場を新設移転、砂利採取機・破砕・選別機器
専門メーカーとして全面稼働を開始。
1967年(昭和42) 12月 株式会社荏原製作所と業務提携を行い、資本参加と同時に経営陣を迎え、事業内容の充実と
生産品目の拡大をはかる。社名を荏原工機株式会社と改め、荏原製作所の鋼板製送風機の
設計・委託生産工場に転換した。従来からの産業建設機械も製造・販売を継続。
1984年(昭和59) 7月 荏原製作所鋼板製送風機の移管範囲拡大に伴い、送風機部門を拡大。
1995年(平成7) 5月 新組立・試験工場を建設し、製造及び試験能力を強化。
2001年(平成13) 7月 濱田送風機株式会社から営業、技術部門を譲り受け、社名を荏原ハマダ送風機株式会社に
変更。送風機メーカーとして業界トップシェアを確立する。産業建設機械部門(振動篩、
分級機など)を大平洋機工株式会社へ営業譲渡。
2002年(平成14) 10月 ISO14001:1996認証取得。
2003年(平成15) 10月 ISO9001:2000認証取得。
2005年(平成17) 10月 ISO14001:2004更新。
2006年(平成18) 9月 資本金4億4,508万円(現在)に増資。
2009年(平成21) 6月 ISO9001:2008更新。
2016年(平成28) 10月 株式会社大岩マシナリーから標準送風機製造部門の事業譲渡をうけ、社名を株式会社荏原
風力機械に変更。