• 株式会社荏原製作所
  • リクナビ
  • 社員のVOICE
  • 個人情報保護方針

荏原グループの企業倫理の枠組み

荏原グループの企業倫理は6層からなる三角形で定義しています。

「創業の精神“熱と誠”」、「企業理念」、「CSR方針」は
荏原グループにとって普遍的な価値観・使命・姿勢を示しています。
「経営方針」、「各種社内規定」、「行動基準」は社会のニーズや市場の変化に応じて見直されます。

荏原らしさ

 荏原グループの企業倫理の6層の上位3層を「荏原らしさ」と呼んでいます。
「創業の精神“熱と誠”」、「企業理念」、「CSR方針」を指し、荏原グループの普遍的な価値観・使命・姿勢を示しています。
 常に熱意と誠意をもって自らの仕事に取組むとともに、仕事を通じて関わる人たちにも熱意と誠意をもって接します。
 水と空気と環境の分野で社会に貢献することを使命とし、その使命を果たすにあたっては高い倫理観をもって活動するとともに、ステークホルダーとの信頼関係を築きます。

創業の精神“熱と誠”

 “熱と誠”は、荏原製作所の創業者 畠山 一清が座右の銘とした言葉です。
『与えられた仕事をただこなすのではなく、自ら創意工夫する熱意で取組み、誠心誠意これをやり遂げる心をもって仕事をすること。そして、何事も熱意と誠意をもって人に接すれば、相手に通じないことはない。』と創業者自身が常に自身の行動の拠り所としたのに加え、従業員に対しても説き続けた言葉です。
 “熱と誠”は荏原グループに脈々と受け継がれるDNAの一部であり、この精神が社会に貢献する技術・製品・サービスを生み出す源泉となっています。

行動基本原則再確認の日

弊社では、毎年3月23日を「行動基本原則再確認の日」と定めております。
2000年3月23日、株式会社荏原製作所藤沢事業所に設置されております自社内廃棄物処理用焼却炉に付属する排水管の接続ミスにより長年にわたりダイオキシンを含む廃水を排出していたことが判明いたしました。
環境保全への貢献を企業理念とする弊社が、このような事故を起し、地域住民の皆様に大変なご不安を与えましたこと、ならびに、弊社を取り巻く多くの関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛けいたしましたこと、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。
当該の廃棄物処理用焼却炉は2008年8月に解体・撤去を行いましたが、弊社では、この「行動基本原則再確認の日」を、役員及び従業員一同この事故を風化させることなく、その重さを肝に銘じ、各人が仕事を総点検する日としております。

企業理念

 水と空気と環境の分野で、優れた技術と最良のサービスを提供することにより、広く社会に貢献します。

 社会の課題解決やニーズに応える製品を開発する技術力と製品が効率的に使われるためのサービス&サポートを通じて、世界の国々の発展と、安心・安全で豊かな社会の実現を支えることで社会に貢献することが、荏原グループの使命です。

荏原グループCSR方針

 荏原グループは高い倫理観事業を行います。社会・産業・くらしを支えていくことを誇りとし、創造的な製品・サービスを公正で自由な競争原理に基づいて提供すると同時に、環境の改善に配慮します。
そして、全てのステークホルダーと信頼関係を築くために、熱意と誠意をもって接し、人権と多様性を尊重し、透明性のある情報開示を行います。安心・安全で働きやすい職場環境を作ると同時に、関係者全員が互いに誇りをもてるよう、質の高いコミュニケーションを図ります。

 倫理観は、私たち荏原グループが自らに課す責任を示します。信頼関係は、私たち荏原グループがステークホルダーに対して果たす責任を示します。

  1. 1.倫理観:私たちは、高い倫理観をもって事業を行います。
    1. 1 誇り:社会・産業・くらしを支えることが存在意義であると自覚します。
    2. 2 製品とサービス:創意工夫し、お客様に喜ばれる技術、製品、サービスを提供します。
    3. 3 競争:公正かつ自由な競争の下に活動します。
    4. 4 環境:地球環境の改善に努めます。
  2. 2.信頼関係:私たちは、大切な皆様との信頼関係を築きます。
    1. 1 熱意と誠意;熱意と誠意をもって接します。
    2. 2 人権と多様性;人権と多様性を尊重します。
    3. 3 情報開示;透明性のある情報開示によって相互理解に努めます。
    4. 4 職場環境;安心・安全な働きやすい職場をつくります。
    5. 5 コミュニケーション;質の高いコミュニケーションを通じ、互いに誇りをもてる企業を目指します。

荏原グループ行動基準

 荏原グループ行動基準は、荏原グループの役員及び従業員一人ひとりが、法令及び社会規範を基本とし、各種社内規定の則って高い倫理観と誇りを持って自らを律し、自らの職務を遂行し、自らの責任を全うするための基準です。

序.はじめに

  1. 第1章 私たちの使命と誇り
    1. 1 お客様の尊重
    2. 2 営業活動
    3. 3 技術・生産活動
    4. 4 調達活動
  2. 第2章 私たちの約束
    1. 1 基本的人権の尊重
    2. 2 腐敗防止
    3. 3 情報の管理と開示
    4. 4 会社資産の管理・保全
    5. 5 働きやすい職場づくり
    6. 6 地球環境の改善
    7. 7 地域社会との融和

付記 行動基本原則5か条

私たちは、行動をする際には以下の5か条に基づいて絶えずチェックします。

    1. 1 いかなる些細な行動も重大な結果につながることを自覚する。
    2. 2 行動する前に、その目的及び意味を確認する。
    3. 3 行動にあたっては、定められた手順・ルールに従う。
    4. 4 行動を振り返り、確認するとともに、行動の結果に責任を持つ。
    5. 5 視野を広く取り、自己の担当部分以外にも配慮しつつ行動する。

【CSR活動の詳細は(株)荏原製作所のwebサイトをご参照ください。】

環境方針

【基本理念】

 地球環境保全が最重要課題であることを認識し、荏原グループ企業理念である「水と空気と環境の分野で、優れた技術と最良のサービスを提供することにより、広く社会に貢献する」を基本として、事業活動及び製品による環境負荷を低減し「持続可能な循環社会」の実現を目指す。

【方  針】

 ISO14001:2015マネジメントシステムの要求事項に基づいて事業活動(送風機、製缶品の製造)及び製品のライフサイクルによる環境負荷の低減活動を行うために以下に方針を定める。

1. 事業活動及び製品による環境影響を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると
  共に環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。

2.環境関連法規、規制、条例及び当組織が同意するその他の要求事項を順守する。

3.次にあげる項目を環境重点テーマとして取り組む。

①地球温暖化対策(省エネによるCO削減)

②循環型社会形成(廃棄物削減、リサイクル)

③環境配慮型製品(省エネ、省資源、グリーン調達、有害物質の排除)

4.この方針を実現するために環境目的及び目標を設定し、定期的に見直し、
  必要に応じて改善を行う。

5.環境マネジメントを展開するため、従業員、構内協力会社をあげて、目標達成に
  向けた活動を推進する。

6.本方針を全従業員に周知徹底し、達成するために全従業員が自ら活動する。

2016年10月1日
株式会社荏原風力機械 代表取締役社長
株式会社荏原製作所 鈴鹿事業所長

井上 貴雄

品質方針

 当社は、EBARAグループの一員として「水と空気と環境の分野で、優れた技術と最良のサービスを提供することにより、広く社会に貢献する」を理念として企業活動を行っている。この理念を実現するうえで、総合的で有効的な品質マネジメントシステムを確立し、維持することが不可欠であり、このためISO9001:2015品質マネジメントシステムを導入し、以下に品質方針を定める。

(1)当社をとりまく内部及び外部の課題、並びに顧客及び関連法規が要求する品質仕様を的確に把握し、それを基に取り組むべきリスク及び機会を決定して、製品及びサービスのアクションプランを定め、これを合理的・経済的かつ確実に達成させる。

(2)受注契約から製品の設計・製造・出荷・付帯サービス・廃棄に至る全ての品質管理に関わる組織とその機能を明確にし、それぞれの関連業務を合理的・経済的に遂行する。

(3)品質に関わる業務手順を規格標準化し、これを適切かつ効果的に運営するなかで、その業務結果を記録し評価することにより、アクションプランに対する活動成果の検証を行う。

(4)全従業員は、自らの業務の重要性を認識し、常に業務内容を吟味・改善するように努め、製品及びサービスの品質向上に寄与する。

(5)品質管理部には、品質マネジメントシステムの管理運営のために他部門に対する組織上の独立性をもたせる。

(6)品質の維持・向上に有効な経営資源の管理・運営を実施するとともに、経営者によるレビューを通じた内部品質監査などの結果により、適切な間隔で品質マネジメントシステムの見直しを行う。

 経営者は、品質マネジメントシステムを自ら積極的に推進・実行し、かつその有効性に対し説明責任を負う。本方針を具体化するために、品質マニュアルを品質管理部に作成させ、これを承認する。また、この品質マネジメントシステムの確立、維持、有効性の継続的改善及びその履行の管理責任者として品質管理部長を指名する。
品質に関係する業務を行う全員に対して、各部門が行う教育・訓練により、この品質方針に基づく品質マニュアルの内容を十分に理解し、それぞれの業務分野においてその定めるところを履行するように要請する。

2016年10月1日
株式会社 荏原風力機械 社長
株式会社 荏原製作所 鈴鹿事業所 所長
井上 貴雄