• 株式会社荏原製作所
  • リクナビ
  • 社員のVOICE
  • 個人情報保護方針

社員のVOICE

2008年入社

その道のプロに、楽な仕事はひとつもない。

・仕事内容
製品を納品する前、お客さまに弊社へご来社いただき、寸法、性能などを確認する立会試験を行います。その際に製品を組み立てるのが私の仕事。試験が終わった後は製品を分解し、出荷作業に移ります。

仕事のやりがいはどんなところで感じますか?

私たちがつくっている製品は大量生産するためのライン作業ではなく、すべてワンオフです。チームを組み、自分たちで図面を確認し、一つひとつ手作業でつくっていきます。そのため製品への思い入れも生まれるし、できあがったときの達成感も大きいです。

仕事を進める上でのこだわり、心がけていることは?

お客さまが安全で使いやすく、信頼のおける製品をつくりあげることです。立会試験では設備もスペースも人手もある工場で組み立てるので問題ありませんが、実際は工場よりも厳しい環境の現場で組まれるわけです。そのため、組み立てやすい製品づくりをすることにも気を配っています。組み立てやすい製品ができれば、現場で不具合なくスムーズに短時間で組め、お客さまへの信頼にもつながると思うからです。

仕事で印象的だったことは?

これは実務とは離れた内容ですが、資格を取得できたことです。技能検定の「機械組立仕上げ」は、やすり作業や厚さ測定など機械部品の組み立て、仕上げに必要な技能を認定する国家資格。去年2回目にしてようやく2級に受かりました。工場で練習を重ねながら、一生懸命訓練した上での合格だったのでうれしかったですね。この経験を実務に活かし、よりよい製品づくりに反映していきたいと思っています。

今後の目標は?

大型送風機にはいろいろな種類があり、私はまだその一部しか経験していません。そのため、いまでも先輩方に質問や相談をしながら作業にあたっている状態。今後は社内で製作しているすべての製品構造や組立手順を理解し、どんな送風機でも任せられる存在になりたいです。これからは後輩にも教えていかなければならない立場になるので、後輩からも頼られるように頑張りたいと思っています。

就職活動中の方へアドバイスを

どんな仕事であっても社会に出て、その道のプロとして仕事をしていく限り、楽な仕事はひとつもないと考えてください。厳しい仕事をやり抜くには、自分の好き嫌いに加え、自分に合った仕事を見つけることが大切。やりがいを感じられる仕事を見つけ、この先の人生の糧となるよう頑張ってください。